神の宣教に参加する6つの方法

「あなた方は行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。・・・・」マタイ28:19-大宣教命令

「大宣教命令は、選択の余地のない、従うべき命令です。」-ハドソン・テイラー

どこにいても、積極的に神の宣教の働きに参加できます。以下の6つの方法を参考にして、あなたには、また、あなたの教会には何ができるかを考えてみましょう。

1.祈る

「神の国の働きにおいて、とりなしの祈りほど重要なものはありません。」-リチャード・フォスター

宣教師のため、宣教地のため、そして人々の必要のため、とりなす働きをしましょう。

  • OMFのホームページにある宣教カレンダーを使って祈ってみましょう。
  • 日本の各地でOMF宣教祈祷会が開かれています。参加してみましょう。また、自分たちでグループを作り、宣教祈祷会を始めてみましょう。現在行われている各地の祈祷会はこちら

 

 

2.学ぶ

私たちの宣教の旅がどの途上にあっても、私たち皆が、この世界に対する神の御心とご計画を学ぶ必要があります。具体的に次のようなことができます。

  • 神の御言葉を学び神の御心を知る
  • 外国語を学ぶ
  • 宣教について学ぶ(聖書学校のコースをとったり、宣教学についての本を読む)
  • 宣教師の伝記を読む
  • 異文化の人々についての本を読む、異文化の歌や楽器を習ったり、異文化の料理を習ったりする
  • 未伝の地域に住む人々について学ぶ
  • 他宗教について学ぶ
  • 宣教大会や宣教カンファレンスに参加する
  • 宣教報告会で、宣教地について、宣教地の人々について聞く
  • ニュースレター等を読んで宣教地の、また宣教師の必要を知る

3.動員する

動員するとは人々が宣教の必要に気づき、宣教に関わるようになり、自分の与えられた宣教の役割を担っていくように働きかけることです。

  • 宣教大会に誘う
  • 宣教報告会を企画し、家庭や教会に人々を招く
  • 定期的な宣教祈祷会を開く
  • 祈りの旅(短期宣教旅行)に人々を招く
  • 宣教について教会学校や青年会等で話す
  • 宣教についてのビデオ等を見せる機会をつくる
  • 人々を宣教師に会わせて話す機会をつくる

 

4.歓迎する

現在では、世界中のいろいろなところから世界中のいろいろな場所へ、人々が移動するようになりました。日本にいる私たちの周りにも、たくさんの外国の人々がいます。外国に行かなくても異文化の人々を歓迎し、彼らに神の愛を示し、神の救いについて語ることができます。具体的にどのようなことができるでしょうか?

  • 日本語を教える
  • 日本の生活に慣れるように手伝う(病院、銀行、買い物等に一緒に行く、等)
  • 日本の観光地を案内する
  • 休暇中に家を開放し、留学生たちを招いて共に過ごす
  • 必要な時に、通訳をして助ける

 

5.送り出す

使徒パウロの時代から、出て行く人だけではなく、出て行く人を送り出す人がいました。出て行く人は神によって心動かされた人々によりサポートを受け、励まされてきました。送り出す人々がいることにより、召命を受けた人が出て行くことができるのです。

送り出す人々の働きにはどのようなものがあるでしょうか?

  • 経済的必要を知り、宣教のための費用として捧げる
  • 宣教師に励ましの手紙やメールを書いた有、必要なものを送ったりする
  • ある宣教師を個人的に覚え、祈り、日本のニュースを知らせ、あちらのニュースを知り祈り、誕生日を祝い、共に歩む
  • 宣教師が帰国した時や教会訪問中に宿泊を提供したり、日本での生活に再び慣れるための支援をしたり、また宣教師の子供たちを助ける
  • 短期宣教に行く人や神学校で将来の働きに備えている人たちのために祈りと経済的支援をする
  • 派遣宣教師の支援会やともに歩む会の会員となり、会計やニュースレター発行の手伝いをする

 

6.出て行く

「遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。『良いことの知らせを伝える人々の足は、なんと立派でしょう』。」ローマ10:15

神はある人々を異文化宣教の働きに出て行くようにと召して遣わされます。ある人は一定の短い期間かもしれませんし、ある人は生涯かけてということもあります。神の召しに従うことなしに、宣教が進むことはありません。

神の呼びかけを聞いている人、短期、長期の宣教の働きに関心のある人は事務局までお問い合わせください

Start typing and press Enter to search