中国とその周辺

1865年、ジェームズ・ハドソン・テーラーは中国奥地宣教団(CIM)を設立し、「献身し、専門技術を持つ働き手」を求めて祈りました。彼の手にはわずか10ポンド、そして「神のすべての約束」がありました。テーラーは心を尽くして祈り、神はすべての必要を満たしてくださったのです。

1866年、ハドソン・テーラー、彼の妻と子どもたち、そして16人の宣教師たちは、イギリスから中国に向かいました。中国の内陸部に何とかして福音を伝えたいと願った中国奥地宣教団(CIM)は、世界中の教会に祈りを呼びかけました。そして、CIMは1866年から1950年の間に、合計2,680人の働き手を中国に送り出しました。

テーラーは、宣教師が自分たちが福音を届けたいと願う人々の文化に進んで溶け込んでいってこそ、その地に福音は根づくと信じていました。そうしてこれら2,680人の宣教師たちは、現地の言語と文化を学びました。彼らの生活は、彼らがその中で生活する人々への生きた証しでした。

今日、OMFとして、私たちはハドソン・テーラーと同じ信念を抱いています。150年以上経った今も、私たちの活動は同じ開拓精神と同じビジョンを持って続けられています。同じ願いが、OMFのすべての活動を貫いているのです。それは、中国をはじめとする東アジア全域で、真のクリスチャンの証しが花開くことなのです。

急速な発展:21世紀の中国

繫栄している都市
中国の人口は14億人で、人口100万人以上の都市は160以上ある。この中には人口1,000万人以上のメガシティが10都市含まれている。

都市部に住む人口の割合は、1980年の20%から2019年には60%以上に増加している。

毎年200万人が都市に移住しており、中国の都市人口は2030年までに10億人に達すると予想されている。
子どもたちに人生を生き抜く力を与える
その地域では、6歳から15歳までの小学校から中学校までの9年間の義務教育が無料で受けられる。

2018年には中等教育修了者の50%が高等学校に入学し、15歳以上の人口の96%が読み書きができる。

教育制度は科学、技術、工学、数学に重点を置いている 。
必要を抱える人々へのケア
.2009年に始まった大規模な医療提供計画により、2011年までに中国の人口の95%が基本的な医療保険に加入するまでになった。
豊かな多様性
中国には292もの言語が使われている。北京語は国語としての公用語であるが、モンゴル語、ウイグル語、チベット語、チワン語、その他さまざまな言語が、中国全土で地域ごとに認められている

中華民族は56の異なる民族から構成されている。漢民族は人口の90%以上を占めている。チワン族、回族、満州族、ユグル族、マオ族、イ族、チベット族、モンゴル族など55の民族が存在する。
宗教
  • 無宗教 44.4%
  • 中国の宗教 28.5%
  • 仏教 12.5%
  • キリスト教 5.3%
  • 伝統的な民族宗教 4.6%
  • イスラム教 1.9%

儒教、道教、仏教が融合した世界観が支配的。イスラム教徒の少数民族は2000万人。18歳未満に宗教を教えることは違法。
Previous slide
Next slide

シルクロード

中国と中央アジアのシルクロード地域は、シルクロードが始まって以来、貿易、商業、文化交流のハイウェイでした。これは20世紀以上も前のことです!

茶、香辛料、絹、その他の貴重な品物は、中央アジアや中国西部の危険な砂漠や山脈を経由して、ヨーロッパからアジアへと取引されました。仏教、イスラム教、キリスト教はすべて、このシルクロードの交易ルートを通って東アジアに入って行きました。この地域には現在、10を超える異なるイスラム民族が住んでおり、それぞれが独自の言語、文化、伝統を持っています。

21世紀に入り、私たちは古代のシルクロード地域が再び貿易と文化交流で賑わっているのを目の当たりにしています。

 シルクロードに着想を得た中国の一帯一路構想(BRI)は、史上最大の投資プロジェクトとなりました。2021年現在、BRIは145か国と協定を結んでいます。

私たちは、古代シルクロード地域の人々が、神の豊かな愛によって祝福されることを心から願っています。

驚異のメコン川

メコン川は中国からミャンマー、タイ、ラオスの国境沿い、そしてカンボジア、ベトナムへと流れており、その流域には、さまざまな民族が暮らしています。

メコン地域内の民族の多様性は、彼らの言語や文化の多種多様さからもわかります。

リソース(英語)

Have Questions? Send us an email.

To help you serve better, kindly fill all the fields (required). Your query will be routed to the relevant OMF team.

You’re on the OMF Japan website.
We have a network of centres across the world.
If your country/region is not listed, please select our International website.