最後の希望 -S師-

クン姉は東南アジアのある都市の郊外で小さな家の教会の牧会をしています。ある日、彼女はその都市の中央病院を訪ねました。入院しているがん患者を訪問し、彼らを霊的な側面で支える働きができないかと思ったのです。感謝なことに、病院側はそれを許可してくれました。この国ではつい最近まで、公共の場で伝道すれば二~三日間は拘留されるのが普通だったことを思うと、彼女の喜びはなおさら大きかったのです。 [...]

クリスマスの意味って?  カンボジア 今村裕三・ひとみ

前期「宣教師から自立した教会学校」を目指し、町の教会学校を助ける働きをしました。 その間、リーダーが二人突然やめる等、問題続出の四年間でした。しかし中高校生が御言葉を一年間語っていると、殆どの人が見違える程変わることに感動しました。また田舎の状況、特に人材不足を理解できる良い機会でした。 [...]

ミッション・イン・アクション  日本 総主事 菅家庄一郎・容子

十二月八~十日まで、タイのバンコクでミッション・イン・アクションという宣教集会が開かれました。以前アジアで継続してきたアジア・フロンティア・宣教大会の流れを汲みつつ、OMFタイ国委員会が二年もの間毎日祈りを積んで準備をしてきました。タイはもちろんのこと、カンボジア、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、ベトナムなど、東南アジアの国々から牧師やクリスチャンが千人以上参加しました。 [...]

よかった探し 国内主事 伊藤めぐみ

私がまだ小学生の頃「ポリアンナ物語」というアニメが流行りました。主人公が逆境の中で「よかったこと」を探し、明るく前向きに生きていく物語です。私も影響を受け、友人とよく「よかった探し」をしたものです。 [...]

ちゃんと知っているよ 国内主事 伊藤めぐみ

先日友人の家族からニュースレターが届きました。以前の宣教地で、息子と同じ学校に二人の娘さんが通っていました。彼らは今後の働きの準備のために帰国中です。届いたニュースレターの一部を紹介します。 [...]

0