行き止まりか、方向転換か 日 本 総主事 佐味湖幸

新型コロナウイルスのパンデミックが起こってから明らかに変化したことの一つに、ネット会議システムを使ってのミーティングが増えたということがあります。以前属していたチームはメンバーが世界に散らばっていましたので、いわゆるネット会議はかなり前から普通に使っていましたが、今回のこのパンデミックで普段は集まって行う祈祷会や礼拝、会議に集会、ちょっとした打ち合わせも全てネット会議システムを使うようになり、多い時では日に四回もネット会議が入る時があり、少々疲れを覚える時もあります。

しかし、外出できないから宣教祈祷会はなし、というのではなく、一緒に「集まって」祈りたいから、初めてで不安だけれどもネット会議を使って祈祷会をやろう、とチャンレンジしてくださった方々や、普段は仕事などで祈祷会参加が難しいけれど、ネット会議方式だから集まれるという方もいらして、四月(そして五月も)の関東での宣教祈祷会は大いに励まされました。世界各国のOMF宣教祈祷会でも同じようなことが起こっているようです。

ステイホーム:出窓で楽しむ家庭菜園

ステイホーム:出窓で楽しむ家庭菜園

宣教ニュースとカレンダーの印刷と発送も計画していたよりも早くに方向転換の時を迎えました。これまで二十年以上タイのクリスチャンの印刷屋さんで印刷し、日本へ発送をしてもらっていましたが、今回のことで、国際郵便が止まってしまい、急遽国内での印刷・発送に変えなければならない事態になりました。計画としては来年度にそのように変更するために、今年一年かけて内容やデザインも含めて新しい宣教ニュースについて考える予定でした。しかし、今回は待ったなしです。

神様は、時に私たちが予想しない形で方向転換を迫られる時があります。それが神様から出たことならば、きっと新たな前進、祝福があるのではないかと主に大いに期待をします。
「天が地よりも高いように、私の道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」(イザヤ五五・九)

【祈りの課題】
1.4月から何箇所かの宣教祈祷会はネット会議システムで共に祈ることができ感謝でした。6月はまだどうなるかわかりませんが、励まし合って宣教のための祈りが続けて捧げられますように。
2.6月22日に2名の宣教師候補者の面接を、また、その前後に候補者コースを行います。主の導きがありますように。

Recent Posts

Start typing and press Enter to search