11月の祈りの課題

11月の祈祷課題です。祈りを通して世界宣教に加わってみませんか?

台 湾
桃園少年院で長年労しているOMFチームのために。16~20歳の入所者たちの心に語り掛けようとしています。彼らの心がみことばに対して開かれますように。そして出所後も地域教会につながることができますように。

●フィリピン●
ミンダナオ島とミンドロ島の各部族の言語への聖書翻訳のため。働き人たちに知恵と忍耐が続けて与えられますように。また将来働きを引き継いでいく新たな働き人たちも与えられるようお祈りください。

タ イ
タイ国全体のクリスチャン人口の内、約半数はタイ最北部の3つの県に集中しています。その他の地域住民の救いのために。もっと多くの他地域のタイ人が福音を聞き、応答できるようお祈りください。

北朝鮮
UMGという非営利メディア団体の調査によれば、脱北者の51%は、北朝鮮で国外のラジオ番組を聞いていたとのことです。FEBCの福音ラジオ番組を通してさらに多くの人々が福音を聞き、信仰に至りますように。

モンゴル
モンゴル国内の小さな群れの教会のために。福音が周辺地域やさらに遠方へと広がっていくために、葛藤を続けている小さな教会に、主からの新たな力と情熱が与えられるようお祈りください。

メコン川流域
この2、3年間に証や聖書の教えを入れたCDディスクやマイクロSDカードが何千枚も作成され、メコン川流域に配布されていることに感謝。これらのメディアが主イエスの福音を伝えるために豊かに用いられますように。

●英 国●
8月末、クリスチャンユニオンのリーダーたちのためのUCCFフォーラムが開かれました。OMFはそこで次世代クリスチャンたちに対し、どのように宣教の働きをするか考えるよう励ます機会が与えられました。この集会で与えられた様々な交わりから良き実が与えられますように。

9月の新年度開始に伴い、多くのディアスポラ伝道の働き人や諸教会は、今も留学生を迎え入れる働きに忙しくしています。働き人たちの霊肉に力が与えられますように、そして温かい歓迎が留学生たちの心に届き、福音に触れる機会へとつながるようお祈りください。

●ミャンマーA師●
医学部学内にはクリスチャン医学生たちの月例の集いがあります。行事をすることが主な目的ですが、そこで聖書の学びや良い知らせを伝える喜びを分かち合いたいと願っています。また、11月に医療宣教ツアーを計画しています。参加する学生とよい交わりが与えられますように。

リリーお裁縫クラブの仲間の教会では、近所の仏教徒の女の子たちのために出張お裁縫クラブをして交わり、一緒に聖書の話を学べたらと祈り始めました。場所が備えられ、始められますように。

●ミャンマーB師●
パンナンエイン(障がいをもつ人たちの制作グループ)メンバーのJちゃんのためにお祈り下さい。以前より心が開かれてきて、聖書を読みたいと言っています。御言葉を分ち合いや、祈る時間が聖霊によって導かれ、イエス様を唯一の救い主として信じることができますように。

ろうの友人たち(クリスチャン)のために。ろう者教会での聖書の学びに誘っています。神様と御言葉に対する渇きが起こされて、学びに参加し、共に成長しその恵みを周囲にさらに伝えていく人となっていけますように。


●カンボジアN師●

関東、関西方面を巡回しています。体調が守られるようお祈りください。パールの働きを知っていただき、祈ってくださる方が多く起こされるようお祈りください。

巡回中に大学時代の未信者の友人たちに会う機会があります。交わりの中で主を証できるようにお祈りください。


●日本委員会●
毎月10日は経済の為に祈る日です。宣教の働きの必要が、神様の方法で続けて満たされますように。

11月14日~28日に木田姉が短期宣教で有澤師夫妻を訪ねます。主の守りと導きがありますように。

Recent Posts

Start typing and press Enter to search