7月の祈りの課題

月の祈祷課題です。祈りを通して世界宣教に加わってみませんか?

●英 国●
OMF英国本部は事務所設備管理担当、リーダーチームの調整担当、そして短期宣教の企画・調整担当者を求めています。人事担当者たちに必要な知恵と洞察力が与えられますように。

中 国
長時間労働を余儀なくされる中国人専門家たちのため。疲弊し日々の仕事をこなすのがやっとの人々が多くいます。キリストに出会う機会が与えられ、人生に喜びと充足感、自由を見出すことができますように。

過去30年間のキャンパス伝道によって、新たな教会が起こされるなど、働きの実が見られていることを感謝。昨今の厳しい情勢の中でも奉仕を続ける多くのワーカーたちに、主の守りと平安と希望が与えられますように。

13万1千人のイスラム教徒のサラール族の上に神の恵みをお祈りください。

ラオス
自分の村や地域で唯一のクリスチャンのラオス人兄姉たちのために。積極的に他の村に交わりを探し求められるように。また、友人や隣人などに福音を語り、その中からクリスチャンのコミュニティが生まれていきますように。

シンガポール
OMF総裁のパトリック・フン師、副総裁のサム・ウェンデリ師、総裁代理のカルヴィン・マー師のためお祈りください。またOMF国際リーダーシップチームが、様々な決断に必要な知恵や、キリストにある喜びを与えられて、主にあって実りある働きができるようお祈りください。

ブータン
複数の民族グループ(いずれもチベット仏教徒)の各言語への聖書翻訳が続けられていることを感謝。神のみことばがブータンの人々に届き、みことばに触れる人々の内に働いてくださるようお祈りください。

香 港
7月にラオスに到着した新ワーカーE師のため。ラオス語をよく学び、周囲の人々とよい人間関係を築いていけますように。

●カンボジア●
カンボジアでは子供に対する虐待や殺人事件が急増しています。市民グループはその理由として大人の倫理観の低下や、法的に見逃されやすい社会環境を挙げています。教会が愛で結ばれた家庭のモデルを社会に示せますように。

ミャンマー
ミャンマーの各地において、さらに新たな伝道の機会が与えられますように。伝道チームはミャンマー中部の各農村部に入っていきたいと願っています。そのための良き方法や知恵が与えられますように。

●ミャンマーA師●
マイリス師の聖書研究の手引き(ルカの福音書)が発行される予定です。教派を超えていろいろな教会や若者の集まりなどで用いられ、聖書を読む喜びが広がっていきますように。

大学内の聖書研究が毎週行えますように。忙しい医療系の学部は会う時間が限られているため、時間を作って会うことができますように。

●ミャンマーB師●
作業所のメンバーたちの個人的なケアのために。仕事のことだけでなく家族のこと、将来のこと、信仰のことを語り祈る時間を意識的に持とうとしています。主によって導かれますように。

手話聖書翻訳チームメンバーの聖書理解が深められますように。実生活で福音を分ち合う中でその理解が用いられますように。B師のミャンマー手話習得のために。

カンボジアN師
7月中旬、ジョナサンプロジェクトというプログラムに同僚と参加し、多くの必要があるカンボジアでのパールの働きの全体を見てどのように働きを進めていくか等、共に見ていくことになっています。主の導きをお祈りください。

7月下旬、パールの人々の働きをしている働き人達の修養会があります。私は初めて参加します。主に聞く時、良い交わりの時となりますように。

●日本委員会●
毎月10日は経済の為に祈る日です。宣教の働きの必要が、神様の方法で続けて満たされますように。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Start typing and press Enter to search