牧師と宣教師の関わり  日本 菅家庄一郎・容子

五月は比較的ゆったりとしたペースで愛知県、富山県、宮城県、北海道の教会訪問をさせていただきました。ある教会を宣教師と共に開拓し独立まで導かれた先生から教えられたことをまとめてみました。

①牧師と宣教師が仲良くすることを何よりも大切にした。宣教とはチームワークである。具体的には毎週一回九時から十時半までミーティングをもった。時には意見がぶつかることもあったが、それでも続けた。

②牧師と宣教師は同等のパートナーではないという理解で働きを進めた。宣教師はあくまでも牧師のリーダーシップの下で働くという理解を双方が確認して始めた。それが結果的に教団(厳密には教会グループ)と宣教団体のよい関係につながっている。

③教団全体で教会開拓に取り組んだ。教会開拓の場所を決めたのは牧師ではなく教団全体である。牧師は教団側の招きによって教会開拓に進んだ。

④アドバイザリー牧師が存在し、この牧師に開拓教会の牧師は毎週レポートを書いて提出した。アドバイザリー牧師はその情報をもとに祈ってくれた。

⑤宣教師は何かをしたというよりは、宣教師が教会に存在していることが大切。それが地域の人に安心感を与えるし、地域の人との関係を深めるのに役立っている。

⑥日本人牧師と外国人宣教師は考え方ややり方が異なる場合があるが、牧師はできるだけ彼らのやり方や考え方を尊重した。また、彼らの立場も考えた。例えば、宣教師も何か自分たちも役に立っているのだという実感を得る必要があること、母国にレポートを書かなければならないことを理解した。

⑦宣教師に対して指導した。例えば、女性の宣教師と男性の信者が二人だけで旅行に出かけたときには、日本の文化ではそのような行為は誤解されるのでやめるようにと指摘した。

⑧牧師と宣教師の働きの領域を明確にした。牧師は説教や教育に専念し、宣教師は若者伝道と役割を明確化した。

宣教地の牧師と宣教師の関係はこじれてしまうことが多いですが、こうした主の栄光を現すパートナーシップが世界で進められていくことを願いつつ。(庄一郎)

仙台ではブラッドリー宣教師ご夫妻のお宅に一週間お世話になりました。一九八二年に日本に来られ、北海道で十年奉仕され、その後アメリカに戻り、二十年間宣教啓発動員の働きをされました。二〇一二年シンガポールに行かれ、国際センターで宣教啓発の働きをされ、帰国する前、日本に来るよう招かれました。一時帰国する宣教師の留守中、働きをサポートするためです。

昨年秋から今秋まで仙台の学生伝道チームに加わっておられます。オフィス代わりに行くスターバックスでは店員の皆さんと親しくなり、様々な相談にのり、チャンスを捕らえイエス様を証しされています。

グレース会にて

お子さん連れの求道中のお母さんを家に招き、奥様のベスさんは子供さんの相手をし、マークさんは聖書の学びを導いておられます。ベスさんは英会話を望む学生さんの相手をボランティアでされ、そこでも機会を用いて主を証しておられます。

私たちの滞在中、OMF宣教師が主催しているグレース会がブラッドリー師宅でもたれ、私たちも参加させて頂きました。ベスさんと素晴らしいチームワークでタイのレッドカレー、野菜炒め、サラダを準備したのも大変楽しい経験でした。やって来たのは日本育ちのバイリンガルの宣教師の息子や、留学生、KGKの学生たち、社会人の姉妹、そしてドイツからの短期宣教師やOMFの宣教師ととても国際的です。昨年のM国ツアーに参加したKGK学生も来ており、再会を喜びました。自己紹介は楽しい突込みが入り、なかなか進みません。私たちも証をさせて頂き、青年たちとじっくり語り合う時が与えられ、喜びにあふれました。

ブラッドリー師夫妻は再び日本に来て、このような働きの機会が与えられようとは思ってもみなかった、と言っておられました。広く温かい心で人々を受け入れ、誠実に人の話を聞き、愛と知恵にあふれる励ましを惜しまないご夫妻のまわりには絶えず人が集まってきます。引退間近の熟練した働き人の生き様を直に見せて頂き、大変教えられ、励まされたことでした。

明日は盛岡、その後は北海道と巡回は続きます。皆様のお祈りを感謝しつつ。(容子)

【祈りの課題】
1.7月中に容子師は山形県で自動車免許を取得する予定です。高齢ですので短期間で免許を取得できますように。
2.7月28日より東アジア諸国の訪問が始まります。それぞれの国の現状をよく理解することができますように。前任者のマー師からもよく引き継ぐことができますように。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Start typing and press Enter to search