今からでも遅くない 国内主事 伊藤めぐみ

五月中旬、教会にアメリカからのお客様が来られました。青年牧師とそのお母さん(S姉)というユニークな組み合わせで、私は教会の方々と共に彼らを名古屋城にお連れしました。

ワイワイと観光を楽しんでいると、なんと私たちの前に突然「忍者」が現れたのです!初めて見る忍者にみんな大興奮。S姉は「ワォ!」連発。さすが名古屋城、おもてなしの心にあふれた演出です。さらに外国人へのサービス精神豊かな忍者が、英語と日本語を上手くミックスさせてこう言いました。「せっしゃの御主人様(My lord)は徳川家康様じゃ。」名古屋城の歴史にさり気なく触れる、にくい演出です。ところがそれを聞いたS姉、「私の御主人様はイエス様で、あなたの御主人よりも素晴らしいですよ。」「いっ、いや、せっしゃの主人である家康様の方が素晴らしいぞ。」「いいえ、私のご主人様は主の主です!」どんなチャンスも逃さず、猛烈アタックで神様を証しするS姉の純粋さ、これには忍者もたじたじでした。

後で聞いた話ですが、S姉は独身時代宣教師になりたかったそうです。しかし医師との結婚に導かれ四人の子どもも生まれ、宣教師への道は閉ざされました。もちろんご主人と共に熱心なクリスチャンで、母国で主の働きに豊かに用いられています。そしてお孫さんもおられる、れっきとしたおばあちゃんです。しかし祈りの中で日本への強い思いが与えられ、今回の短期宣教旅行が実現したわけです。帰りの車中では、これまで日本で出会った人の名前と特徴を書き「アメリカで祈るから」と約束してくださいました。

若い頃に与えられた海外宣教への思い、おばあちゃんになってからでも遅くはないのだ、とS姉を通して教えられました。

ちなみに彼女のメモには、「めぐみ、宣教師、安全運転」と書かれてありました。どうやら名古屋中心部をひたすら無言で運転する私の緊張感がひしひしと伝わっていたようです…。

【祈りの課題】
1.暑い夏が始まりました。親子共々心も体も守られ、日々の歩みが祝されますように。暑くなると大きく体調を崩すことがあるので、支えられますように。
2.7月30日~8月1日、静岡地区小学生キャンプでメッセージのご奉仕があります。参加するこどもたちのためお祈ください。また体力的に支えられ、3回のメッセージが祝されますように。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Start typing and press Enter to search