総主事室より

◇昨年六月末に日本に帰国してから、夏、秋、冬(何と七年ぶり)が過ぎ、そして春がやって来ました。しかし温暖化の影響か、昔とは四季の変化の速度や様子が違うように思います。常夏の国での生活に慣れた者にとっては大変目まぐるしい、しかしまた味わいのある月日でした。

◇日本の気候だけではなく、政治や文化、経済、そして教会の様子など、私が日本を離れている間に大きく変化した日本の状況をもっとしっかり学ばなければならないと考えています。

◇まだまだ浦島花子的なところのある者ですが、大きな責任を果たしていくことができるように、お祈りのうちに覚えていただければ幸いです。(佐 味)

Recent Posts