4月の祈りの課題

月の祈祷課題です。祈りを通して世界宣教に加わってみませんか?

●フィリピン●
フルタイムの語学と文化の学びの期間を終え、各奉仕地でさらに学びながらも教会での奉仕を始めた新宣教師たちのために。地元の人々との信頼関係を深めることができるように。時間管理や健康維持のためにもお祈りください。

タ イ
タイ社会全体の安定のためにお祈りください。3月24日には総選挙が行われました(2月末時点での予定)。選ばれた為政者たちが国民のために最善の政策を追い求めていくように。

インドネシア
17日はインドネシアの大統領選と総選挙の投票日です。平穏に行なわれるように。有権者が良き判断ができ、選ばれた為政者たちが2.6億人を超える国民のために、公正な政務を行なっていくようお祈りください。

北朝鮮
4月15日は金日成主席の誕生日で北朝鮮では祝日です。金日成主席は北朝鮮初代の指導者で、1912年のこの日に生まれたことから、北朝鮮のカレンダーや新聞ではこの年を元年としており、今年は主体(チュチェ)108年にあたります。孫の金正恩は風貌も祖父に似ているとされています。北朝鮮の人々が金日成主席の功績を認めつつも、真の神を礼拝することができますように。

ブータン
ブータン国内でチベット仏教を信じる複数の少数民族のために聖書翻訳の働きが続いています。働き人たちに必要な忍耐と体力が与えられますように。母語での聖書を持っていない各民族にみことばと福音が届きますように。

中 国
現在、多くの教会は小グループ単位で集会を持っていますが、中には80の小グループを3人の牧師が担当するなど、牧会においても支障が出ています。小グループのリーダー育成のためにお祈りください。

「インターネット宗教関連情報管理法」が施行されようとしています。施行されれば信者のネット上での情報交換はさらに厳しい規制を受けます。インターネットを介さなくても信者たちが交わりの恵みを受け続けられるように。代わりとなる良い方法を主が信者たちに示してくださいますように。

マレーシア
マレーシアは全国的に牧師および神学校の講師が不足しています。この大切な働きのために神がふさわしい働き人を起こしてくださるようお祈りください。

●カンボジア●
シェムリアップ
アンコール病院で働くクリスチャン歯科医のクゥオン医師は、ただカンボジア人たちに技術を教えるのではなく、彼らの目線に立って共に新たな技術を学び、その中で福音を伝える機会のために祈っています。お祈りください。

●ミャンマーA師●
3月末から4月に医学生聖書研究でデルタ地方の村に行き、医療伝道をする予定です。関わりのある医学生たちが参加し、聖書研究につながりますように。

夏休み中のお裁縫クラブに孤児院からの女の子たちが参加します。良い交わりと聖書の学びとなり、各人が自分から聖書を読む喜びを味わえますように。

●ミャンマーB師●
B師が1月から通い始めたろう者教会のために。牧師は聴者ですが、ろう者に聖書を教え、弟子訓練をし、創立9年目に入っています。現在30名程が集っていますが教材や協力者が必要です。お祈りください。

チームメンバーの霊・魂・身体が守られますように。特に3月に来た新メンバー3人のため、お互いに良いサポートができますように。

カンボジアN師
ジュオ村で洗礼前の学びをしている4人の信仰が守られ、受洗に向けて整えられますように。

バイクや乗合タクシーや同僚の車での旅が多くなっています。安全が守られますように。またそのために腰痛が出てきていますが、症状がひどくなりませんように。

●日本委員会●
毎月10日は経済の為に祈る日です。宣教の働きの必要が、神様の方法で続けて満たされますように。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Start typing and press Enter to search