バーミンガム学生伝道の広がり  在英邦人ディアスポラ伝道 相馬裕美

バーミンガム大学の学生伝道が進んでいます。先日行ったカレーナイトの進行はCU(クリスチャンユニオン)の学生たちがやってくれました。私がカレーを作り、CUの学生が会をリードするという理想的な集会となりました。CUの学生が今年から留学生用のアルファーコースを始めます。日本人学生がこのコースに来てくれたらいいなと思います。私が日本人学生を(日本食で)集める→CUの学生が伝道するという形ができて来ました。

大学で行われたクリスマスキャロルに参加

大学で行われたクリスマスキャロルに参加

クリスマスには、二つのイベントを企画しました。日本から送ってもらった鍋キューブでの「鍋会」と「イギリス風クリスマス食事会」です。車の移動があるので、各回限定四人でしたが、「鍋会」は大人気で、すぐに埋まってしまいました。「日本人学生集会」には多くの日本人学生が集まりますので、かえってゆっくり話すことができないので、こういった少人数での集会は一人一人と関われていいなと思います。関わっている学生のひとりのNちゃんは、大学院の修論が再提出となり、学位が取れないまま帰国します。一大決心をし、仕事を辞めて自分で学費を払って入学した大学の学位が取れずに帰国するNちゃんは、とても落ち込んでいます。そんなNちゃんに深く関わることができたのは、神様の計らいだと思います。

この冬はNちゃんを含め、関わってきた三人の学生を日本に送りました。イギリスの日本人伝道は、「出会った日本人を集会に誘い、バイブルスタディに誘い、仲良くなったところで帰国」というパターンが多いのですが、時が良くても悪くてもみことばの種をまき続けて行きたいと思います。

【祈りの課題】
1.日本人集会、学生集会が祝福され、たくさんの日本人が集まり福音を聞く機会となりますように。
2.6月に開かれる帰国者集会にふさわしい数の帰国者が集められるようにお祈りください。

Recent Posts

Start typing and press Enter to search