クリスマスの意味って?  カンボジア 今村裕三・ひとみ

前期「宣教師から自立した教会学校」を目指し、町の教会学校を助ける働きをしました。

サムクイ村スキさん家族と

サムクイ村スキさん家族と

その間、リーダーが二人突然やめる等、問題続出の四年間でした。しかし中高校生が御言葉を一年間語っていると、殆どの人が見違える程変わることに感動しました。また田舎の状況、特に人材不足を理解できる良い機会でした。

一年半前の前期終了時にリーダー達と、宣教師がいなくなった時に起こりやすい問題を話し、励まし日本に帰国しました。

…が、今期再帰国後に教会学校をまた手伝ってくれない?と言われ正直がっかりしました。

でも現場を知らなければ、と昨年の教会学校のクリスマス会を見に行きました。昨年は大きなクリスマス会を開くのではなく、三ヶ所で地域別に持つことにしたそうです。その方が時間手間もかかりますが、地域の人も巻き込め子供も参加しやすくなります。例年同じ事をするのではなく、更に良いものを作っていきたいというアイディアに感心しました。鶏肉を揚げるのを手伝いながら、さらに成長した、また新しく加わった中高生教師と交わり、少しだけまた彼らと働きたいという誘惑にかられました。

サムクイ村スキさんと近所の子供たち

サムクイ村スキさんと近所の子供たち

その後、教会リーダーのソックン長老と話し合いました。私に依頼が来たのはリーダーが投げ出したのではなく、他の青年担当リーダーが燃え尽きてしまい、現教会学校担当者が男性なので、男子高校生寮の関係もあり彼が青年担当になり、女子が中心の教会学校教師会は、女性が担当した方が良いという教会の会議の結果だそうです。

ソックン長老も「宣教師頼みは良くないけれど人がいない」と言っていました。私はここ数年、結婚して地元に帰ってきた若夫婦の名をあげ(全員教会学校教師経験者)、特に妻は子供が小さいので夫の協力の元、複数で協力すれば?と提案しました。そしてそのリーダーを支える事は手伝うと約束しました。

さあどうなるでしょう。神様が神様の方法で教会学校の先生と生徒を祝福してくださるようにお祈りください。(ひとみ)

クリスマスの慌ただしい中、この原稿を書いています。今回は「クリスマスって知っていますか」との問いに「いいえ、知りません」という答えをもらう機会が多く、ある種の新鮮さを覚えました。サンタクロースの名も挙がらない田舎の村での会話です。そこでクリスマス会をしましょうという提案をしました。クリスマス会はこれからなのですが、プレゼント中心の会ではなく、イエス様が降誕されたことを明確に伝えることができればと、祈りつつ準備を進めています。

ソッケーン兄とサオピア姉の受洗準備クラスも順調に進んでいます。先日、中間テストをしましたが、驚くほどの高得点で主に感謝しました。一人は文章を読んでもすぐに意味を理解できない識字力の問題があるのですが、よく頑張りました。得点を取るのではなく、学びの内容を理解したい、神様を愛していることがよく伝わってくる時でした。乾期に入り川の水位も下がり、洗礼式を持ちやすくなる季節なので、相応しい時期に洗礼式を持ちたいと祈っています。

サムクイ村のことを覚えて下さい。福音に心開かれた人と出会えるように、そして訪問先で聖霊の声に敏感に、その時その時に語る言葉が与えられるようにお祈り下されば感謝です。ラオス語の学びも細々と続けています。(裕 三)

【祈りの課題】
1.2月13日から20日までキリスト者学生会のカンボジアビジョンツアーを受け入れます。学生6人、主事1人です。移動が多いので安全が守られ、カンボジアのクリスチャンたちとの交わりが祝されるようにお祈りください。
2.続いてトロペアンベーン村のソッケーン夫妻の信仰成長と子供たちへの信仰継承のためにお祈りください。ダーリンさんの明確な信仰告白のために。

Recent Posts

Start typing and press Enter to search